アマチュアの魅力#2  澤田末吉写真展 - 巣鴨 -

「アマチュアの魅力#2 澤田末吉写真展 -巣鴨-」 を 2012年5月11日(金)から20日(日)まで開催します。

開催内容:

アマチュア作品が持つ魅力に視点を向けた展覧会第二弾です。

「人となり=作品、それが澤田末吉作品の魅力」(奥村森)
澤田末吉は福島生まれ。退職後、好きな世界遺産を見てまわる記録のための写真が高じて作品を撮り始めました。朝日カルチャーセンター 朝日JTB・文化交流塾 新宿 「スタジオで学ぶ写真」講座で講師・奥村森に写真を基礎から学びます。

「私がとげ抜き地蔵に引付けられるのは、あの空間に醸し出される、人々が集うということ、人と人とのつながり、町とは何かということを暗に感じることが出来るからである。諸病の霊験である所以だろうか。」(澤田末吉)
対象を撮影した想いが感じられます。

蒼では未評価の作品・作者とともに冒険をしながら、「そこ」何かがにあればと願います。長いリタイア後を過ごす時代。身近な一例に励みを感じていただけたらと願って。多くの方に気軽に足を運んで頂きたいと思います。
モノクロームの銀塩写真作品24点を展示。

Web

展覧会名: アマチュアの魅力#2 澤田末吉写真展 - 巣鴨 -
会  期: 2012年5月11日(金)~20日(日)  終了いたしました。
休 廊 日: 期間中無休
開催時間: 11時より19時 (最終日17時迄)
入 場 料: 無料

企画/主催: 蒼(窪田幸子)
推  薦 : 奥村森


展覧会DMダウンロード: 「dm.pdf」をダウンロード

ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。


澤田末吉記 ― 巣鴨 ― 

おばあさんの原宿と言われる巣鴨とげ抜き地蔵。正式名は曹洞宗高岩寺。本尊の延命地蔵菩薩は諸病の霊験が在ると言われている。4のつく日は縁日で多くの人でにぎわう。また通りの外れには庚申塚もある。通りには、お年寄りの方がよく身につける商品を売る店、食べ物やおみやげ屋がびっしりと並び、カラオケ等もある。
現代の門前町である。
なぜかくも多くのお年寄りの方が集まるのか。写真を撮らせてくれた83歳のおばあさんは、元気そのものなのだが、ポツリ、ポツリと話してくれた。「連れも遠くに逝くと、何年経っても、時々寂しくなるのよ。あんたにはまだわかんないだろうが、そんな時にここに来ると少しホットするんだよ。いろんな人がいて特別に誰かと話すわけでは無いのだが、挨拶したり、一言二言は気兼ねなく話せるしね。現に見知らぬあんたに写真を撮ってもらい、お話している。妙なもんだよ。」そう言われて周りを見回すと、郷愁を誘う物有り、たくましくそしてしたたかに生きてきたであろう老人の生き様をかいま見ることも出来そうであり、老人パワー健在である。
しかし私がとげ抜き地蔵に引付けられるのは、あの空間に醸し出される、人々が集うということ、人と人とのつながり、町とは何かということを暗に感じることが出来るからである。諸病の霊験である所以だろうか。

澤田末吉プロフィール

1946年   福島県生まれ
1970年   武蔵野美術大学造形学部美術学科油絵専攻卒業
        東京都の教員となる
        以後、銀座絵画館、村松画廊にて嶋末吉名で個展をつづける。
        平面と物質にこだわる。
        また好きな世界遺産を見てまわる記録のため必要に迫られ
        写真を撮り始める。

2006年   退職 朝日カルチャーセンター 朝日JTB・文化交流塾 新宿
        「スタジオで学ぶ写真」 講師・奥村森で写真を基礎から
        学び始め現在に至る


お問合せ先: 蒼 窪田幸子

東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

電話   03-3331-3681
fax      03-3331-3682
携帯    090-2475-3251
E-mail 
gallery-so@nifty.com

| | コメント (0)

アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-

「アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-」 を 2011年10月1日(土)から10日(月祭)まで開催します。

開催内容:

アマチュア作品が持つ魅力に視点を向けた展覧会です。「作品とはなにか」に真摯に向き合う― そこにプロ、アマチュアの区別はありません。そのことに気づき、アマチュアリズムを活かし優れた作品を作ろうとするところに、人として生きることの魅力があります。

アマチュアリズムの善き姿は、表現の純粋さとひたむきさに現れます。技術や感覚の拙さを超えて、作者と作品と人生とが一つになった時、プロとは異なる味わいを醸します。そこには作者の雑念や迷いさえも見受けられるでしょうが、あえて蒼では未評価の作品・作者とともに冒険をしながら、「そこ」何かがにあればと願います。長いリタイア後を過ごす時代。身近な一例に励みを感じていただけたらと願って。多くの方に気軽に足を運んで頂きたいと思います。

Web_3展覧会名:アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-
会 期:2011年10月1日(土)~10日(月祭) 
終了いたしました。
休 廊 日:期間中無休
開催時間:11時より19時(最終日17時迄)
入 場 料:無料

企画/主催:蒼(窪田幸子)
推薦:奥村森

展覧会DMダウンロード: 「dm.pdf」をダウンロード

DMご案内希望: gallery-so@nifty.com

ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。

---------------------------------------------

作者、川名多恵子さんは大学教授を退職する頃から、写真を始めました。戦争による集団疎開を体験した世代のひとり。カメラを構え、都会で競われる美、街角風景の中に現れる擬態に視点を向ける、モダンな感覚とショットが魅力です。長年の継続も力量の一つ。アナログモノクロ写真の魅力も同時に味わっていただけたら。作品約24点を展示します。

 川名多恵子プロフィール:

 昭和八年(1933)。東京出身。
青山学院大学文学部第二英米文学科卒業。同大学大学院修士課程終了。同大学大学院博士課程単位取得退学。アルキヤン・アジア株式会社勤務。昭和37年(1962)日本観光通訳協会に所属、フリーの通訳ガイドとして就業。昭和40年(1965)秋田聖精霊女子短期大学英語科助手。44年(1969)専任講師。46年(1971)杉並英語専門学校・非常勤講師。48年(1973)白百合学園女子高等学校非常勤講師。49年(1974)青山学院女子短期大学非常勤講師。47年青山学院大学経営学部非常勤講師。昭和55年(1980)文化女子大学短期大学非常勤講師。昭和56年立教女学院短期大学非常勤講師。平成2年(1990)日本女子大学体育学部教授(英語)。平成14年退職。平成13年より朝日カルチャーセンター新宿・写真教室にて奥村森に学ぶ。日本アメリカ文学会東京支部会員。日本ナザニエル・ホーソーン協会賛助会員。大学英語教育学会会員。

都会のもうひとつの楽しみ方
川名多恵子
 

大都会で暮らす楽しみとは何でしょうか?
①交通が便利であること-首都高速道路や他県に通じるハイウェイが集中していて、すぐ、どこへでも行かれる。②街の施設のどこへ行っても清潔なトイレやしゃれたカフェがある。③デパートやスーパーでは品揃えが豊富で欲しい物がすぐ手に入る。④夜はライトアップされた高層ビル群が美しい。

でも、もう一つ忘れていることがある。東京の街を見まわすと、美しい幾何学模様を発見することがある。高速道路の交わり方を角度を変えて眺めてみると、まるで美しいリボンの帯のようである。変わったデザインの建造物が青空を面白く切り取って楽しい。よく晴れた日には、ビルの壁面にいろいろな物が写りこみ、抽象画が描かれる。よく磨かれた金属製のドアノブには、変形された町並みが写り、非日常的な世界が出現する。公園の右のオブジェに、木々の葉が影を落として、おそらく作者が意図しなかったであろう美しい模様を描きだす。また、街のあちらこちらに素晴らしい彫刻作品があり、道行く人々の目を楽しませてくれる。まるで町全体が美術館になっているような地域も有る。


今年の冬は、節電のため、街のライトアップも控え目で淋しいかもしれない。でも…….お日さまは照っています。大いに街を楽しんでみてはいかがでしょう。

お問合せ先: 蒼 窪田幸子

東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

電話   03-3331-3681
fax      03-3331-3682
携帯    090-2475-3251
E-mail 
gallery-so@nifty.com

 

| | コメント (0)

奥村森写真展 『ゴッホ憧憬』

奥村森写真展『ゴッホ憧憬』を開催します。日本画家・奥村土牛の四男として生まれ、育った環境が要因となって波乱万丈な人生を歩む写真家・奥村森(本名:勝之)氏。人生の甘さ辛さを体験した奥村がゴッホ縁の地を訪れ、波乱に満ちた画家の内面を想像しながら制作した異色の作品群です。流動的価値観に翻弄されながらも、信念を曲げず貫く創作者の苦悩が浮き彫りとなり、そこにある画家の姿に奥村の内面が見え隠れします。変貌する時を表現するため、彼は制作上好まないコンピューター画像処理技術を内面表現としてあえて採用。現実表現にはオーソドックスなモノクローム写真を配置しました。その構成も見どころです。モノクロ写真14点、フォトCG10点からなるエッセー作品です。

2a_31_2




作品左:「門出」
作品右:「孤立」
 


10/12(金)~21(日),2007 会期中無休    終了しました!
AM 11:00 ~ PM 7:00  ( 最終日PM 5:00 )
作家期間中在廊

*やむおえない都合により不在の場合もあります。お電話にてご確認の上、お越し下さい。

本展ではお車の駐車スペースございます。

― 奥村森プロフィール

1945年 日本画家・奥村土牛の四男として長野県臼田町で生まれる
1967年 日本大学芸術学部写真学科卒業
1968年 渡仏。同年より6年間、嘱託報道カメラマンとしてヨーロッパ、アフリカを取材 1974年 写真集「心の詩」出版
1975年 精密機械メーカーに勤務
1987年 株式会社オフィスオクムラを設立
1994年 新聞・雑誌などで執筆活動を開始
1995年 文春ネスコより「相続税が払えない」を出版
1996年 朝日カルチャーセンター講師
    「我が憧れのパリ、フランス」掲載(アサヒグラフ誌)
    「天心無心」連載開始(日経アート誌)
1997年 「画道精進」掲載(アサヒグラフ誌)
    「表紙写真」と「表紙の言葉」担当(日経アート誌)
2001年 朝日カルチャーセンター通信講座講師も兼任
2002年 朝日カルチャーセンター講座シリーズ「旅の写真術」を出版(旬報社)
2003年 プレジデント誌で『社長ポートレート』連載
2007年 日本出版社 猫びより「タヌー」掲載
     枻(えい)出版社 CAMERA「ブルゴーニュの人々」掲載

― 個展活動

1974年 『心の詩』展 ニエプス美術館(フランス)
    『心の詩』展 ホテルオークラ(東京)
1998年 『‘70年代のフランス』展 デュノン美術館(フランス)
1999年 『ブルゴーニュの人々』展 GALLERY TAGA(東京)
2000年 『喝采、葡萄牙』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
    『Susie’s Friends in L.A』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
2001年 『Emotion そのをりをり』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
2002年 『土牛疎開』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
2003年 『創立5周年記念』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
    『芸術家のいた風景』(東京) ギャラリー・しらみず美術(東京)  
    『アート・8・ワークス』展 鶴見画廊(東京)
2004年 『タヌー』展 ギャラリー・しらみず美術(東京)
2006年 『創々流転』 鶴見画廊(東京)
2007年 『諸々遭遇』 鶴見画廊(東京)

― 奥村森ホームページ   http://www.semana.jp/okumura/

| | コメント (0)

篠原邦博写真展 ” DUO ”

W1_1

二枚の写真を一つの額に収めた作品。その作品が語るものとは・・・?

 6/23(金)~30(金) , 2006  会期中無休   終了しました!
 AM11:00~PM7:00
 作家在廊日: 23(金),24(土),25(日),27(火),29(木),30(金)

1983年、僕は写真家として『自分にとって写真とは何か』を問い
『ここに2枚の写真がある』という仮説を見いだした。
それから3年して1枚はできたが、もう1枚はまだだ。
完成するのはワケあって12年後。
ここで仮説の一部を披露する為に篠原邦博写真展『DUO』を行う。
一秒を作り上げている瞬間とそれが積み重なった永遠を求めて、
90年を経た倉のギャラリーでゆっくりと見ていただく、コンテンポラリー写真展である。( 篠原邦博 )

― 篠原邦博プロフィール

 1948年 長野県生まれ
 1971年 桑沢デザイン研究所入学
 1973年 写真家坂田栄一郎氏に師事
 1978年 フリーランスのフォトグラファーとして独立
 1985年 個展 「 顔 」 東京デザイナーズスペースフォトギャラリー
 1991年 個展 「 飛んで気に入る夏の虫 」
       原宿ハナエ モリビル1Fオープンギャラリー
 1996年 個展 「 写真の中で歳をとるものたち 」 ギャラリーCoo
 2000年 個展 [ cosmic ]
      グループ展 「 Volutiv Image Boston Massachusetts U.S.A 」
 2002年 グループ展 「 Recent Aquisition Dounnforth Museum of Art 」
 2003年 グループ展 「 Polaroid / Proces Dounnforth Museum of Art 」
 2003年 個展 「 Urban Romantic 」 スタジオWall

― コレクション

 2002年 Dounnforth Museum Boston      
  The Polaroid Collections in U.S.A

ホームページ http://www.teppertakayamafinearts.com/ (u.s.)

| | コメント (0)

志鎌猛写真展 「森の庭園 -vol.2-」

 蒼はお蔭様で一周年です。今後ともよろしくお願い致します。

 12/10(土)~19(月), 2005  会期中無休   終了しました!

 AM10:00~PM7:00 (最終日PM6:30) 

dm

「春だけ沼」
名前の通り、雪解け水が溜まって春にだけ出現する沼。
そんな、東北の深い森の襞の奥に隠されていた
一期一会の風景に、私はまたしても捉まった。
そして、その静謐な世界を
印画紙の上に定着させたいと願った。 ( 志鎌猛 )

001web
002web
003web
会場風景

| | コメント (0)

森の庭園 志鎌猛写真 展

 12/11(土)~20(月), 2004  会期中無休   終了しました

 AM10:00~PM6:00

 日本の森を題材に、大型カメラで撮影した作品です。
モノクロの静謐な画面をながめていると、次第に清清とした森の空気のなかに、
じんわり滋味が伝わってきます。
 実際に体験した自然とのかかわりの中から、はぐくまれてきた対象への姿勢が
作品に反映され、精神性へと高められています。

| | コメント (0)