« 琵琶の音にふれる | トップページ | フルート&ハープ 木藤久瑛・野村紀子 デュオコンサート »

アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-

「アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-」 を 2011年10月1日(土)から10日(月祭)まで開催します。

開催内容:

アマチュア作品が持つ魅力に視点を向けた展覧会です。「作品とはなにか」に真摯に向き合う― そこにプロ、アマチュアの区別はありません。そのことに気づき、アマチュアリズムを活かし優れた作品を作ろうとするところに、人として生きることの魅力があります。

アマチュアリズムの善き姿は、表現の純粋さとひたむきさに現れます。技術や感覚の拙さを超えて、作者と作品と人生とが一つになった時、プロとは異なる味わいを醸します。そこには作者の雑念や迷いさえも見受けられるでしょうが、あえて蒼では未評価の作品・作者とともに冒険をしながら、「そこ」何かがにあればと願います。長いリタイア後を過ごす時代。身近な一例に励みを感じていただけたらと願って。多くの方に気軽に足を運んで頂きたいと思います。

Web_3展覧会名:アマチュアの魅力#1 川名多恵子写真展 -東京を覗いてみたら-
会 期:2011年10月1日(土)~10日(月祭) 
終了いたしました。
休 廊 日:期間中無休
開催時間:11時より19時(最終日17時迄)
入 場 料:無料

企画/主催:蒼(窪田幸子)
推薦:奥村森

展覧会DMダウンロード: 「dm.pdf」をダウンロード

DMご案内希望: gallery-so@nifty.com

ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。

---------------------------------------------

作者、川名多恵子さんは大学教授を退職する頃から、写真を始めました。戦争による集団疎開を体験した世代のひとり。カメラを構え、都会で競われる美、街角風景の中に現れる擬態に視点を向ける、モダンな感覚とショットが魅力です。長年の継続も力量の一つ。アナログモノクロ写真の魅力も同時に味わっていただけたら。作品約24点を展示します。

 川名多恵子プロフィール:

 昭和八年(1933)。東京出身。
青山学院大学文学部第二英米文学科卒業。同大学大学院修士課程終了。同大学大学院博士課程単位取得退学。アルキヤン・アジア株式会社勤務。昭和37年(1962)日本観光通訳協会に所属、フリーの通訳ガイドとして就業。昭和40年(1965)秋田聖精霊女子短期大学英語科助手。44年(1969)専任講師。46年(1971)杉並英語専門学校・非常勤講師。48年(1973)白百合学園女子高等学校非常勤講師。49年(1974)青山学院女子短期大学非常勤講師。47年青山学院大学経営学部非常勤講師。昭和55年(1980)文化女子大学短期大学非常勤講師。昭和56年立教女学院短期大学非常勤講師。平成2年(1990)日本女子大学体育学部教授(英語)。平成14年退職。平成13年より朝日カルチャーセンター新宿・写真教室にて奥村森に学ぶ。日本アメリカ文学会東京支部会員。日本ナザニエル・ホーソーン協会賛助会員。大学英語教育学会会員。

都会のもうひとつの楽しみ方
川名多恵子
 

大都会で暮らす楽しみとは何でしょうか?
①交通が便利であること-首都高速道路や他県に通じるハイウェイが集中していて、すぐ、どこへでも行かれる。②街の施設のどこへ行っても清潔なトイレやしゃれたカフェがある。③デパートやスーパーでは品揃えが豊富で欲しい物がすぐ手に入る。④夜はライトアップされた高層ビル群が美しい。

でも、もう一つ忘れていることがある。東京の街を見まわすと、美しい幾何学模様を発見することがある。高速道路の交わり方を角度を変えて眺めてみると、まるで美しいリボンの帯のようである。変わったデザインの建造物が青空を面白く切り取って楽しい。よく晴れた日には、ビルの壁面にいろいろな物が写りこみ、抽象画が描かれる。よく磨かれた金属製のドアノブには、変形された町並みが写り、非日常的な世界が出現する。公園の右のオブジェに、木々の葉が影を落として、おそらく作者が意図しなかったであろう美しい模様を描きだす。また、街のあちらこちらに素晴らしい彫刻作品があり、道行く人々の目を楽しませてくれる。まるで町全体が美術館になっているような地域も有る。


今年の冬は、節電のため、街のライトアップも控え目で淋しいかもしれない。でも…….お日さまは照っています。大いに街を楽しんでみてはいかがでしょう。

お問合せ先: 蒼 窪田幸子

東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

電話   03-3331-3681
fax      03-3331-3682
携帯    090-2475-3251
E-mail 
gallery-so@nifty.com

 

|

« 琵琶の音にふれる | トップページ | フルート&ハープ 木藤久瑛・野村紀子 デュオコンサート »

写真のしごと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。