« 高橋真珠がヴァイオリンと共に語る―バロックの語源とそのかたち―コンサート | トップページ | フルート独奏会  演奏:木藤久瑛 »

読売日本交響楽団メンバーによる弦楽コンサート 赤池瑞枝 Vl.・松井直之 Vla ・渡部玄一Vc.

読売日本交響楽団のメンバーとして活躍する赤池瑞枝氏(ヴァイオリン)、松井直之氏(ヴィオラ)、渡部玄一氏(チェロ)らが意欲を込め、蔵のギャラリー「蒼」で バッハ作曲の ゴールドベルク変奏曲(弦楽三重奏版 BWV988他を演奏します。

2009年6月16日(火) 
第一部 午後1時半開場 午後2時開演 終了致しました。
第二部 午後6時半開場 午後7時開演 終了致しました。
全席自由¥4,000-  茶菓・飲物付

各回 定員25名

演奏予定曲目: バッハ ゴールドベルク変奏曲(弦楽三重奏版) BWV988 / シューベルト 弦楽三重奏曲 変ロ長調 D.471
            
Akaikeweb_5 赤池瑞枝 (ヴァイオリン)
東京芸術大学音楽学部器楽科を経て同大学院修士課程修了。在学中、東京芸術大学オーケストラと共演。第1回東京室内楽コンクール第3位入賞。第6回日本室内楽コンクール入賞。1999年、2008年リサイタルを開催。これまでに、鈴木鎮一、森ゆう子、浦川宜也、矢嶋佳子の各氏に師事。室内楽奏者、オーケストラ奏者として活動している。現在、読売日本交響楽団2ndヴァイオリン首席奏者。

Matsui_naoyukiweb 松井直之(ヴィオラ)
2004年国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒業。卒業後ヴィオラに転向。2001年12月に同大学の学生でエラン弦楽四重奏団を結成。同団にて2003年第4回大阪国際音楽コンクール・アンサンブル部門優秀賞。第9回JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。第5回日本アンサンブルコンクール最優秀演奏者賞を受賞。2005年7月、札幌で行われたPacific Music Festival弦楽四重奏コースに参加。東京クァルテットメンバーとブラームスの六重奏曲を共演し、マスタークラスを受講。2004年サントリーホール主催「レインボウ21」に出演。2007年5月JTアンサンブルセレクションに出演。同年10月クニタチフィルハーモニカーとモーツァルトの協奏交響曲を共演。これまでに、ヴァイオリンを樋口美佐子、大関博明の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。現在、読売日本交響楽団ヴィオラ奏者。

Watanabeweb 渡部玄一(チェリスト)
東京芸術大学附属高校を経て、桐朋学園大学卒業。同校研究科卒。93年米国ニューヨークのジュリヤード音楽院卒。ニューヨーク在住中には国連総本部やリンカーン・センターなどに数度に渡りリサイタルを開催、好評を博す。インディアナ大学(米国)でさらに研さんを積んだ後、95年帰国。以来NHK-BS, NHK-FM出演をはじめ、ソリストとして、また室内楽、オーケストラ奏者として幅広く活躍している。03年より文化庁海外派遣員として一年間ドイツのミュンヘンにて研修。チェロを主に堤 剛、木越 洋、H.シャピロ、W.ノータスの各氏に師事。現在、読響日本交響楽団団員、及びフェリス女学院講師。

お申込/お問合せは メール もしくは お電話 ”03-3331-3681” で「お申込名、ご連絡先電話番号、人数、第一部/第二部」をお知らせ下さい。銀行振込もしくは当日払ができます。定員になり次第締め切らせていただきますが、空席がある場合は当日もお受けしております。お気軽にお問合せ下さい。お車でお越しのお客様は駐車場がございます。ご予約ください。

万が一、ご予約後に都合が悪くなられました場合には、キャンセル待ちのお客様に席をお譲りしますので前日までにご連絡ください。

|

« 高橋真珠がヴァイオリンと共に語る―バロックの語源とそのかたち―コンサート | トップページ | フルート独奏会  演奏:木藤久瑛 »

ギャラリーコンサート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。