竹のあかり 近藤昭作 - 60年のあゆみ -展

竹のあかり 近藤昭作 - 60年のあゆみ -展を2013年5月17日(金)-6月2日(日)まで開催致します。

近藤昭作さんは、近代照明史、工芸史に残る「竹のあかり」を制作した著名な作家です。戦後、近藤さんは「竹のあかり」を手掛けます。日本経済の復興と成長に伴い脚光を浴び、一世を風靡しました。昭和36年 旧ヤマギワ株式会社 小長谷兵五三代目社長が、西荻窪こけし屋で「あかり」を目にしたことがきっかけで世に広まり、故イサム・ノグチの「Akari」とともに日本を代表する作家として東京国立美術館や各美術館に出展されたほどです。また、近藤さんは現代生活における新しい工芸のあり方を模索するため日本クラフトデザイン協会でも意欲的に活動されました。
本展は「竹のあかり」約45点を展示、光・照明・文化を考え、素材と技とデザインが融合した創作の真髄と意義を再確認して頂く機会になればと願っております。

推薦文: 中島龍興照明デザイン研究所  代表取締役 中島龍興(照明デザイナー)

近藤氏の「竹のあかり」に初めて出会ったのは、私がヤマギワに入社して間もない1970年代初めのころです。当時、ヤマギワでは4つ目もち形のペンダント器具に人気の高かったことを覚えています。その後も「竹のあかり」は進化し続け、特に旅館や和風レストランなどに欠かせない光になっています。

今回代表的な近藤作品を一堂に集めた展覧会が蔵のギャラリー「蒼」で開催されます。編み目の異なる竹のオブジェは白熱電球によって様々な光と影を創り出し、それが蔵の空間で相乗効果となって体感できることはまたとない機会になると思います。

Photo 0082013324

展 覧 会 名: 「竹のあかり 近藤昭作 - 60年のあゆみ -」展
会    期 : 2013年5月17日(金)-6月2日(日) 終了しました
休 廊 日  : 月曜日
開 催 時 間: 11時より19時、金・土曜日20時(最終日17時迄)
入 場 料  : 無 料

作家在廊予定: 蒼までお問い合わせください

企画/主催 : 蒼 窪田幸子
協    力: 中島龍興照明デザイン研究所 中島龍興、厚東宏枝

■■■ お知らせ ■■■

この度は好評のうちに終了させて戴き、皆様に大変感謝申し上げます。
少しお時間を戴きますが、蒼ホームページにて作品の販売をお取扱いさせて戴くことになりました。秋のオープンをめざしております。どうぞご周知くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

お取扱い作品は
先生の今後の新作と展覧会に展示致しました大きな作品の予定となっております。

どうぞ宜しく御願い申し上げます。

蒼 窪田幸子

展覧会チラシダウンロード: 
「kondo_shosaku_1.jpg」をダウンロード 
「kondo_shosaku_2.jpg」をダウンロード

ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください.

» 続きを読む

| | コメント (0)

ベアトリス・ドゥイエのガードローブ展

フランスの人気アーティスト、ベアトリス・ドゥイエの日本での初個展 「ベアトリス・ドゥイエのガードローブ展」 " La garde-robe de Béatrice Douillet" を開催します。

ベアトリスは、不要になった古着、廃品、木片など様々な素材に、新たな命を吹き込み、環境に優しい創作を行っています。鑑賞者をどきりとさせる個性豊かなイマジネーション、さすがフランスと感じさせる卓越した色彩感覚。コラージュによる絵画や立体作品の制作、ファッションショー、イベントの装飾構想から製作まで幅広い分野で活躍しています。フランスのル モンド紙をはじめ、多くのメディアが注目のエコアーティストとして特集記事を組むほどです。今回、蒼で開催する展覧会では、モードをテーマにした作品。小品やドレスなど”微笑みとウィットと情熱”に溢れた約27点を展示致します。

Attaquel    Beatricedouilletbeatrice_3

展覧会名 :  「ベアトリス・ドゥイエのガードローブ展」 
         " La garde-robe de Béatrice Douillet"
会   期:  2012年11月10日(土)~12月2日(日) 終了しました
休 廊 日:  期間中無休
開催時間 :  11時より19時 (最終日17時迄)
入 場 料:  無料

作家在廊予定: 11月10日(土)~18日、26日~12月2日

企画/主催: 蒼(窪田幸子)

展覧会DMダウンロード: 準備中です。

DMご案内希望: gallery-so@nifty.com

ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。

» 続きを読む

| | コメント (0)

加藤玲子織展 ― 時の音 (トキノネ) ―

「加藤玲子織展 ― 時の音 (トキノネ) ―」 を2012年10月26日(金)から11月4日(日)まで開催します。

開催内容:

加藤玲子はフィンランドで学んだクビカス織に詩情ある独自の感性を織り込んでタピストリーを制作します。蒼での展覧会では会場の個性に合わせモノトーンの作品を制作。さらに初のこころみとしてチェリスト 長谷部一郎とともに作品と音楽の世界のコラボレーションを展開します。

「懐かしい声、風景の響き、いつかどこかで聴いたメロディ、
心の中の遠い記憶
今この一瞬、現在そして過去、遠い未来と遠い過去
重なり広がる「時の音」
奥行きと余韻を感じるモノトーンの世界で表現しました。」 
- 加藤玲子

クビカス織の「クビカス」とはフィンランド語で「絵のような」「絵のように織られた布」という意味。伝統織物を学ぶために留学、クビカス織りと出合いました。森との関わりが深いフ暮らしの中で選んだ作品のテーマは「森」や「森の妖精」。作品はまるで北欧の森にたたずんでいるような気分にさせてくれます。
タペストリーの他、額、パネル作品、マフラー、ベレー帽など、やわらかで日常をあたたかくしてくれるような作品をご紹介します。

010

遠い未来と遠い過去」 
(組作品三点のうちの一点)

展覧会名:   加藤玲子織展 ― 時の音 (トキノネ) ―
会   期:  2012年10月26日 (金)~11月4日 (日)
休 画 日:  期間中無休
開催時間:   11時より19時 (最終日17時迄) 
入 場 料:  無料

企画/主催: 蒼(窪田幸子)

ご注意: コラボレーションコンサート中とその前後約30分(10月30日 14:00-15:30  / 18:00-19:00 )は会場設営の為、ご入場いただけませんので展示をご覧いただくことはできません。

コラボレーションコンサート:

2006web

演奏: 長谷部一郎(チェロ)
演奏予定曲目: バッハ 無伴奏チェロ組曲第二番 他 
(演奏予定時間:約30分)

日時: 10月30日(火)
開場 14:25 開演 14:30  満席となりました。キャンセル待ちのみお受けしております。
開場 18:25 開演 18:30   残り一席です。

入場料: 全席自由 ¥1,500- 
予約受付:  要予約。当日予約は開場時間前までとなります。
会場: 蒼 (定員20名)(会場は開催時のみ開場)

ご注意: 開場までギャラリーの庭でお待いただきます。未就学のお子様のご入場はできません。蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。

企画/主催: 蒼 (窪田幸子)

■ ご予約 / お問合せ:

東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

蒼 10時-19時 月曜定休
電話 03-3331-3681
E-mail:
gallery-so@nifty.com

お申込/お問合せは メールもしくは 電話 ” 03-3331-3681 ” で。
郵便振替、銀行振込もしくは当日払ができます。

*予約制です。万が一、お申し込み後にご都合が悪くなられた場合はお待ちのお客様に席をお譲りしますので、お早めにお知らせください。当日のお客様はご迷惑をおかけすると申し訳ございませんので、お電話で席の確認をされてからお越しください。
*靴を脱いで椅子をご利用いただく会場です。
*会場に隣接して駐車場がございます。台数が限られますのでお申し込み時にご予約ください。
*防音はありませんので、環境の音は聞こえます。
*演奏中の写真、録画、録音等はご遠慮ください。携帯の電源はお切りください。

» 続きを読む

| | コメント (0)

琵琶響宴

三回目となる現代琵琶奏者・塩高和之による二日間にわたるコンサートを2012年10月13日(土)と14日(日)に開催します。

Hp2 Hp2_2

一日目は 「薩摩琵琶 古から続く音色」。 平家物語祇園精舎(訂正いたします)をはじめ、古典の流れを汲む新作をゲスト・田中黎山 (尺八)で。二日目は 「楽琵琶 シルクロードの風」。遣唐使が伝えたといわれる秘曲 啄木他、楽琵琶の故郷であるシルクロードをイメージした作曲作品をゲスト・大浦典子 (篠笛)でお送りします。先人の残した偉大な仕事の継承を礎に、現代琵琶楽を次代へ導く挑戦を続ける塩高和之の作曲(訂正いたします)作品を中心に「琵琶の魅力」に触れていただきます。秋の虫の音と雰囲気にふさわしい茶菓とともに塩高和之の(訂正いたします)琵琶の音をお楽しみください。

『琵琶響宴』 演奏: 塩高和之(琵琶)

「薩摩琵琶 古から続く音色」 ゲスト・田中黎山 (尺八) 
2012年10月13日(土) 開場 16:30 開演 17:00 終了いたしました。
演奏予定曲目:祇園精舎、平経正、風の宴、まろばし~尺八と琵琶の為の 他

「楽琵琶 シルクロードの風」 ゲスト・大浦典子 (篠笛)
2012年10月14日(日) 開場 13:30 開演 14:00 終了いたしました。
演奏予定曲目:啄木、いざなふ月(訂正いたします)、静夜譜、ルナリアンダンス(変更となりました)Sirocco、風の記憶、塔里木旋回舞曲 他

*8月11日内容訂正を致しました。ご迷惑をおかけしお詫びいたします。
*演奏曲目に当日変更がある場合もございます。

入場料:  全席自由 3,500円 茶菓付
会場:  蒼 (定員30名) (会場は開催時のみ開場)
予約受付:  要予約。当日予約は開場時間前までとなります。

企画/主催:  蒼 窪田幸子

■ ご予約 / お問合せ: 

東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

蒼 10時-19時 月曜定休
電話 03-3331-3681  
E-mail:
gallery-so@nifty.com

» 続きを読む

| | コメント (0)

石原実染色工芸展 ― 天の海に雲の波立ち月の船 ―

「石原実染色工芸展 ― 天の海に雲の波立ち月の船 ―」 を 2012年5月25日(金)から6月3日(日)まで開催します。

開催内容: 

石原実氏は手描き友禅竹田耕人に師事したところからスタートし、幅広い技法を蓄えながら、染色で独自の詩的な世界を探求しています。職人である朴訥とした部分と作家としての独自性を行き来しながら、追及する姿が見てとれます。どちらにせよ、伝統を超えてなにか新しい独自の世界を追求しなければ満足しないわけで、個展に寄せる石原氏のことばも “(蔵という)蒼の空間に現在の私を投げ入れてみようと思います” という遭遇とでも言えるような一文になっています。「天の舟」をはじめ、「精霊の庭」など神話的シリーズを中心に発表します。

蒼としては意を受けて、多彩な構成の世界をひとつの空間の中で、作品に誠実に如何にまとめ、ご覧頂けるかに腐心したいと思います。足をお運びくださってはじめて遭遇できる世界にどうぞお越しください。

石原実記  ― 蒼個展に寄せて

染色の可能性を求めて仕事を展開してきました。染色を既成の枠組みで考えるのでなく、独自な染色アートの世界を創出できないかと制作しております。夢の途中ではありますが、蒼の空間に現在の私を投げ入れてみようと思います。「天の舟」をはじめ、「精霊の庭」など神話的シリーズを中心に発表します。サブタイトルは、柿本人麿の歌ですが、続けて「星の林に漕ぎ隠る見ゆ」となります。天を詠んだ万葉の美しい歌です。時代を越えた世界共通の感性であり、神話的でさえあります。こうしたテーマを、染色の世界で表現できたらと思いました。日常使いの作品共々ご高覧いただければ幸いと存じます。

Web

展覧会名: 石原実染色工芸展 ― 天の海に雲の波立ち月の船 ―
会   期: 2012年5月25日(金)~6月3日(日) 
休 廊 日: 期間中無休
開催時間: 11時より19時 (最終日17時迄)
入 場 料: 無料

企画/主催: 蒼 (窪田幸子)

展覧会DMダウンロード: 「2012dm2.pdf」をダウンロード

DMご案内希望: gallery-so@nifty.com

ご注意:  蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«アマチュアの魅力#2  澤田末吉写真展 - 巣鴨 -